沖縄県立浦添高等学校:1期 掲示板

No.4 同窓会について。

2012/05/20(日) 16:40 - 忘れん坊 組 比嘉 明 ()
私は第一期生として入学しました。
その後、連絡が付いたお方は真面目な人物です。
聖書を研究するお方に出会いました。神学校を卒業して信仰生活を歩んでいます。
神学者が空手部に在籍していましたが、若いうちに天に召されました。
二人の神学者と二人の警察官が同期生です。
私は現在、日本で有数な教師の教材を使用して「聖書の学び」を継続しています。
幼い頃から父親がテキストを私の学びのために購入してくださいました。
私は幼い頃から絵本のように聖書の物語をよく読んでいました。
現在もその生活を継続しています。振り返ると「両親の教育」は大切だと実感します。
若い世代の皆さんへ、第一期の比嘉明からお伝えいたします。付け焼刃のような勉強ではなく、
しっかりと学ぶ生活態度を身につけることが本当の「勉強」であることを学ぶことが皆さんの課題なのです。今回は以上をお伝えいたします。

No.3 酒を酌み交わす仲。についての考察。

2012/05/20(日) 16:29 - 忘れん坊 組 比嘉 明 ()
昔の邦画はタバコを吸うシーンや飲酒をする。場面が一般的でした。
医師もタバコを吸うと、医学的な指導力と信頼性を失うことになります。
健康指導の出来ない医師は医学会からは、疎遠になります。これは当然です。
遊び人の印象を社会に与えると医師の評価が右肩下がりになるのです。
生徒の皆さんへ伝えます。
若いうちに学業に専念すること。目標を明確に持つことは大切です。
時代の波に流されて漂流する人生を歩んではなりません。
一生を貫いて研究する課題を持つことは、豊かな人生を歩む大切な条件です。
教師を敬うこと。尊敬すること。教師はその手本となる立場に在る事を自覚することが教育です。
生徒の歩みを信頼して見守ってあげてくださいね。長い人生の旅路を共に歩んでいくのです。
真の教育とは一生のお付き合いをすることに在る、その大切なお役目を担っていることを心に据えて頂きたいと思います。Thank you very much.

No.2 教育者の飲酒による失敗について

2012/05/20(日) 16:17 - 忘れん坊 組 比嘉 明 ()
第一期の恩師へ。
社会に出て、学んだことは教育者の飲酒による失敗が多いということです。
現在、職員室は禁煙になっていることでしょう。校内売店で、タバコを買ってくるようにと
私に頼んだ教師へ「先生、タバコは健康に悪いです」と進言してから、職員室は書道を始める教師も見受けるようになりました。
現在も私は喫煙や飲酒はしておりません。
男性は飲酒、喫煙が多く見受けられます。教育者は若い世代の模範的な生活習慣を体得することをお勧めいたします。
学問は、出世のためではなく、人格と品性の向上を練り上げるために行うのです。
人間の尊厳は学業成績では評価できるものではありませんね。

No.1 第一期生からです。

2012/03/08(木) 13:17 - 忘れん坊 組 比嘉 明 ()
私は同窓会の会長の小波津隆さんと同じクラスでした。
懐かしいです。恩師の宮城喜一先生、お元気でしょうか。
私は2年次に退学して、首里高校に優秀な成績で入学しました。
現在は62歳になります。同期の小波津隆さんあの頃はとてもお世話になりました。
感謝しています。
浦添高校第一期の足跡をここに記します。
恩師の宮城喜一先生に感謝申し上げます。

copyright(c) 1993- , 同期会掲示板 ALL Right Reserved.